シロアリ対策は良質なところへ依頼を【悪質業者に気をつけろ】

メリットが多いのは薬剤施工?駆除をより効果的なものにするために メリットが多いのは薬剤施工?駆除をより効果的なものにするために

悪質なシロアリ駆除業者に注意しよう

見に覚えが無い……悪質業者にご用心

スーツの男性

シロアリ対策を行なう業者の中には、一部ではありますが悪質業者と呼ばれるところも存在します。そのような業者に捕まってしまうと、シロアリ対策どころか様々なトラブルに見舞われてしまう恐れがあります。悪質業者に捕まった人の体験談をクチコミ形式で見てみましょう。

「農協」という言葉につられてしまって……(30代/男性)

「農協の指定業者です」と名乗る営業マンが急に家に訪れ、シロアリ駆除の無料検査をさせてくださいと頼み込んできました。無料だからいいか、と依頼したところ、「床下の柱がボロボロになっている」「すぐに工事しないと取り返しのつかないことになる」と畳み掛けられ、勢いに押され工事までお願いすることに。工事が終わって料金を請求されたのですが、なんと60万円。あとで調べたところ、普通の業者であれば20万円以下でできたとのことでした…。あれは農協という言葉を勝手に使っている悪質業者なんだと思っています。

必要の無い工事をされていました(30代/女性)

家に訪れた営業マンの「シロアリ無料点検」の文字に惹かれ、何となく依頼したところ、「床下の換気が悪いので、シロアリがいつ棲み着いてもおかしくない。床下換気扇を取り付けたほうが良い」と促されました。せっかく手に入れたマイホームだったので、二つ返事で了承しました。設置をしてもらい料金も支払った後、この話を工務店に勤めている知り合いに話してみました。すると「なんかおかしい」と言われ、翌日彼が床下の再検査をしてくれました。再検査後、彼の口から「工事の必要はなかった」との言葉が。その後然るべき方法で悪質業者に抗議をし、工事費用を全額返してもらいました。飛び込みで来る業者には十分注意したほうが良いと思います。

優良なシロアリ駆除業者を見分けるポイント

良質な業者を見つけるための方法として、「社団法人日本しろあり対策協会」に加盟しているかどうかを判断する、という方法があります。この協会はシロアリ駆除業者の管理指導を行なっており、国内のシロアリ駆除において使用する薬剤の安全基準の認定も行なっています。つまりここから認められていれば、良質な駆除業者である、と捉えられるわけです。基本的に、飛び込み営業をしてくるところ、法外な料金を請求するところなどは悪質業者である可能性が高いので、簡単にサインしないよう注意しましょう。

TOPボタン